カードローン 口コミ

女性の口コミで高評価のカードローンを使ってみた!

女性はカードローン選びも慎重

昔に比べると随分使いやすくなったって言いますけど、まだまだ女性にはお金の借り入れって、簡単には決断できませんよね。収入とかでもまだ男性のほうが平均的に高くなりやすいですし、使いやすいとは言えない部分もありますよね。

でもやっぱり出費に男性も女性も関係ないですし、男性が出費が重なって借り入れが必要になるように、女性にだって出費が重なれば、借りたいなって考える事はあります。私も女で一人暮らしをしているので、色々と入用になる事はあるんです。

そこで私もカードローンを作ろうと思っているのですが、なかなかインターネット検索をしていても、普通に見るだけでは女性の立場としての参考になる情報は少ないですよね。金利が安い、限度額が豊富というのは男女関わらず大事ですが、もっとこう『女性のための融資』っていうのは無いのかって思っちゃいませんか?

女性ならレディースローンで女性のための借り入れを

そんな時に口コミで『女性にオススメ!』という意見が多かったのが、女性専用の融資プランであるレディースローンを備えている業者でした。私の探しようが足らなかったのか、それともあまり需要がないと思われていたのか、とあるカードローンレビューサイトの隅っこで見つけた時は、運命を感じちゃったかも(笑)

レディースローンというのは名前の通り女性しか使えない分女性に嬉しい点が多いという事で、迷わず申し込んだらあっさりと審査に通過できました。口コミの通り女性なら審査基準を少し緩和しているみたいで、パートタイムの女性でも作りやすいのが特徴らしいですね。

そして融資の際に気になる事があったので営業所に向かったのですが、相談員の方が全員女性で、とっても話しやすい雰囲気でした。おかげでちょっとだけ世間話もしちゃって、少し迷惑かけてしまったかも…。

もちろんレディースローンもカードローンなので、欲しい時に借りられるのも助かりますね。女子会で夜遅くなった時に手持ちが足りなくても、コンビニで借りられてコンビニで返済も出来るという事で、手軽に使える上に融資を受けているかどうかも分かりにくいので、人目も気にならずに使っていけます。これはちょっとした嬉しい発見でしたね。

お金の借り入れは女性だと恥ずかしいと思っているなら、是非レディースローンを扱っているところを選んでみて下さい。相談もしやすく借りやすいので、女性なら言うことが無いと思います。

カードローンの借金と、住宅ローンの借り入れが性質が違うその理由

世の中にある多くのローン

同じローンでもその種類いは実に多くのものが存在します。住宅ローンから学資ローン、カーローン、物販ローンやカードローンなど、細かいものまで挙げて行けば世の中のローンには実に多くのものが存在するのです。これらのローンの中でも代表的なものの住宅ローンとカードローン、この二つのローンの違いは一体どのようなところにあるのでしょうか。

住宅ローンとカードローン

まずはその借入金額や返済期間に大きな違いがあると言うことは説明するまでも無いかもしれません。住宅ローンは住宅の購入資金やリフォーム資金に充てられるということもあり、その金額はそれなりに大きな金額になります。一般的に数千万円と言う金額になることも多く、その返済も数十年と言う期間をかけ、人生の半分を費やしながら返済していく必要があるローンです。

一方、カードローンは住宅ローンのように利用目的を定めた借金ではありません。金額も数千万単位で借りれると言うことはなく、一般的には多くても500万円程度が限界です。返済は基本的に7年程度を目処に行うことになりますが、その性質上、口座から借り入れる現金を入出金することになりますので、実際には特に返済期限は設けられていないものと同じように利用することが可能です。

二つのローンの大きな特徴

この二つのローン、細かく見て行けば多くの違いが存在しますが、最も大きな違いはやはり担保が必要かどうかという点でしょう。購入した家を担保にお金を借りる住宅ローンは担保のある融資と言うこともあり安全な借金として考えられている風潮があります。銀行や消費者金融などで新たな借り入れを行うことを希望すればその時点で現在の負債を報告することになりますが、その時にも「住宅ローンなどの有担保の借金」と「カードローンなどの無担保の借金」は別々に記載することになっています。

有担保ローンの特徴

この有担保の借金に関しては貸金業法の「年収の三分の一」というルールにはもちろん含まれません。対してカードローンは正にこの「年収の三分の一」のルールの中の借金として扱われます。この点でも有担保の住宅ローンなどと無担保のカードローンなどには大きな違いがあると言うことができるでしょう。

マイナスイメージの少ない住宅ローン

更に住宅ローンに関しては世間的にも得にマイナスなイメージを持たれることのない借金です。その金額は数千万円にも上るのに関わらず、住宅ローンで家を買ったという事実はむしろ一人前の大人のような扱いを受けることもあります。それほどまでに全体に浸透しているのがお金を借りてまで家を買うと言う住宅ローンと言うシステムなのです。

無担保ローンの特徴

これに対しカードローンはその金額が例え50万円でもイメージは良くありません。金額がいくら大きくなっても数百万円どまりであるにも関わらず、カードローンで現金を借りているとなるとその個人に対するイメージがマイナスになることはあってもプラスになることはあまりありません。最近でこそ消費者金融でのカードローンよりも銀行のカードローンが注目されていることもあってイメージは良くなっていますが、それでも良くないイメージのほうが先に立つのがカードローンです。

住宅ローンとカードローンにはこれだけ多くの違いがあります。もはや同じ借金でも全く違うものと考えて良いでしょう。

例えアルバイトでも簡単にお金を借りるための方法とは?

カードローンなどの借り入れは正社員だけが対象ではない

借金ができるのは「ちゃんと」働いている人!こんな考えは今では一般的ではなくなってきています。この「ちゃんと」働いている人とはつまり正社員を指すと言うのが以前の日本社会の一般的な考え方でした。しかし今ではこの「ちゃんと」の中に正社員だけでなく派遣社員やアルバイトも含まれるようになってきているのです。

アルバイトでも借り入れがしやすくなっている現状

現在アルバイトで生計を立てているような状況でも、カードローンなどのお金の借り入れでそのアルバイトと言う立場を気にしなければいけないような状況は減りつつあります。全就業者の4割以上が正社員ではないという現在の世の中を考えるのであれば、アルバイトというステータスはそれほど珍しいものではなくなり、お金を借りるときのハードルもそれほど高くなくなってきているのが現在の世の中です。

とは言っても、正社員と言う立場の人々と比較するのであれば、アルバイトがお金を借りにくいという事実は否めません。しかしこれは単純に正社員ではないから、アルバイトだからという理由による物ではなく、アルバイトと言う職種が正社員よりも年収が少ないということが原因であったり、正社員として働く人よりも在籍確認などの電話連絡が取りにくい状況も存在すると言うことが原因の一つでしょう。

アルバイトでも正社員でも書類の記入は正確に!

アルバイトで借金をしたいのであれば、まずはこのあたりの電話連絡での在籍確認や本人確認のルートを確立しておくと言うことです。具体的には連絡先として登録する携帯電話は留守電をセットしておくと言うことや、もしも留守電をセットしないのであれば不在時は随時折り返しを行う旨を記載しておくなどです。

更に勤務先の在籍確認についてもその確認ルートを明確にしておくと良いでしょう。たとえば申込書に記載している勤務先の電話番号が代表電話なのか、直通電話なのか、仮に直通電話だとしても誰か呼び出さないと在籍確認が取れないのか、誰に聞いても在籍確認はできるのかなどです。

適当に書いて審査に通るものではない

このあたりの細かい部分をしっかりと詰めることなく会社の情報などを記載してしまうと、最終的に在籍確認が取れずに申込みが否決されることもあります。確実にお金を借りたいと思うのであればそれはアルバイトだからという理由からネガティブに考えるのではなく、基本的にはアルバイトも正社員も変わらないということを前提にお金を貸す側と接することが重要です。

しかし、そうは言ってもやはりアルバイトとなると、その多くの場合が正社員よりも年収は低くなることがほとんどです。年収が低くなれば当然ながら貸金業法で決められている年収の三分の一が上限となる無担保の資金の借り入れは正社員よりも小さくなることでしょう。これはアルバイトだからと言うよりも年収が低いからということが理由であり、いくらアルバイトでも正社員よりも年収が高いのであれば、借り入れることのできる金額は大きくなることが考えられます。

アルバイトでも借入金額を大きくする方法

できるだけその借り入れ金額を大きくしたいと言うのであれば、複数のアルバイトを掛け持ちして収入を増やしたり、アルバイトではなく派遣社員として働ける仕事を探すなどいくつかの方法が存在するでしょう。もちろん正社員として働くことでより大きな借り入れを行うことが可能になるかもしれません。

借金をまとめると借金苦から解放されるという勘違いが生まれる理由

借金をまとめることのでのメリット?

借金が増えて複数の企業から借り入れを行っているような状況になると、その借金を一か所の借り入れにまとめてしまおうと考えることもあります。確かに借り入れをまとめてしまえば支払いは一本化され、金額が大きくなるために金利は低下し、毎月の支払い金額は現状よりも小さくなる可能性はあります。

実はデメリットしかない!

しかし、このような借金をまとめるような手続きは総合的に判断して状況が将来的に悪化してく事があったとしても、状況が好転すると言うことはありません。毎月の支払い金額が小さくなること、支払う金利の金額が小さくなることは一時的な目くらましに過ぎず、長期的に考えたときには利用者の負担を大きくすることに他ならないのです。

借金が増え続けるカラクリ

これは単純に借金をまとめることができた後のことを考えれば容易に想像がつく話です。あなたが借金に苦しんでいて複数の貸金業者や銀行からの借り入れを一つにまとめることができたとしましょう。まとめることができたその後は全くお金を借りない生活を送るでしょうか?間違いなくできた余裕からまたお金を借りるはずです。これを繰り返していれば将来的に借金は増え続け、気がついたときにはまとめる前よりも更に大きな借金を背負っているということになるでしょう。

長い目で見ると良く分かる

短期的な視点に立つと、金利が小さくなることもあり借金は軽減すると考えがちです。しかし、借り換えが成功すると言うことはつまり、最終リミットを先に延ばしたと言うだけの話であり、借金の解決には全く至っていないということになります。しかしこれに気付く人はほとんど存在しません。そして借金をまとめた数年後に結局法的な手続きに踏み切ることになるのです。

借金をまとめなければならない状況とは?

借金をまとめなければいけないと感じているような状況はつまり、完全な「多重債務者」です。この事実を認めようとしない多重債務者が多く存在しますが、借金をできるだけ手早く返済し、新たに借金の無い生活を送るために必要なことは借金の存在を認め、多重債務者であることを認め、法的に手続きを行うことに他ならないのです。

同じまとめ方でもメリットは大きく変わる

法的に手続きを行ってしまえば利息の加算も行われません。ほとんどは任意整理や個人再生を利用することになると思いますが、仮に自己破産を選んだとしても社会的な制限はそれほど大きくありません。ましてや自己破産以外の法的手続きであればそのデメリットは捉え方によってはむしろメリットと言うこともできるものも多く存在します。

特に任意整理を行ったことでしばらく借金ができなくなるということはデメリットではあるものの、任意整理を行わなくても借り入れが不可能であるということを考えるのであればむしろ自制のためのメリットとも言えるかもしれません。その他にも単純に利息の加算が無くなることや、金額や金利によってはある程度の減額が見込めると言うことは単純にメリットとして考えることができる項目でしょう。

借金をまとめることを考えているのであれば、同じまとめでも利息の発生しない法的手続きを考えるべきです。いずれにせよ、借りることのできる限界までお金を借りたときには新たな借り入れはできなくなるのです。

借金の契約書に印紙が無いことが判明した時に良くありがちな勘違い

契約書の金額によっては必ず印紙が必要

契約書と言うものにはその契約の内容に応じて印紙を貼りつけることが通常です。あなたがもし、借金の契約を交わしたとするならば、それが貸し付け側でも、借りる側だとしても、契約書に印紙を貼りつけることは必ずしなければならないことと言えます。特に自分が貸し付ける側である場合にはこの印紙の貼りつけの義務も負うことになります。

確かに印紙は必要だが…

借金の契約書に限らず、さまざまな契約書で印紙の貼付を忘れているということがあります。確かにこれは問題です。特にお金を借りている側がこの事実を発見した時には、その契約そのものが無効だなどと言いだすこともある始末です。しかしこれは大きな間違い。印紙の貼付が無いことで契約が無効になるようなことはありません。

問題は税金を支払っていないということ

契約書に収入印紙が貼り付けられていないという状況は、あくまでも印紙税を支払っていないというだけです。その契約が無効になったり契約に変更が出るようなことは一切ありません。その印紙の貼付を意図的に行っていないとしても、失念で行っていないとしても、そこで発生する事実は「印紙税を支払っていない」という事実のみで契約書に内容には全く影響はないのです。

よくあるのが印紙の貼付がない契約書を見つけ、貸し手側が「この契約は無効だから貸したお金をまとめて返せ」と言いだしたり、借りた側が「この契約は無効だからお金は返さない」と言っているような話を耳にします。こんな妄言は聞く必要もありません。相手の良くある勘違いで、全くもってそのようなことはないのです。

契約は意思疎通が取れた時点で成立する

そもそも契約と言うものは例え書面が残っていなくても口頭で意思疎通ができ、相手の言い分を承諾した時点で契約が成立します。もちろんレコーダーなどで録音していない限り結局最終的に「言った」「言わない」の話になることを防ぐために契約書と言うものが存在するのです。本来であれば契約書を作らずに契約を行い、印紙税と言う税金を納めずに済ませることも不可能な話ではないのです。

しかしやはりお金を貸した場合などにはその証明をしっかりとしておく必要があります。そこで仕方なく書面での契約と言うスタイルを取っていると考えるべきでしょう。少し回りくどくはなりましたが、結局、このように意思がお互いに疎通した時点で契約になると言うことを考えるのであれば、「印紙が無いから契約が無効」ということが間違った考え方であるということは容易に想像ができるでしょう。

勘違いは常に発生する

このような場面だけでなくお金の貸し借りについて考えただけでも良くある勘違いは存在します。あまりに極端に物事を鵜呑みにしすぎると、多くの問題が発生する可能性があるということは心にとめておいたほうが良いでしょう。どのような場面でも謙虚に、相手に物事を教えてもらうような気持で接することは非常に重要なことです。

もしも相手がこのような勘違いをしているような場合には相手の言い分に反論する必要はありません。そこで反論しても時間の無駄です。できるだけ問題を起こさずに解決するためには、弁護士などの法律の専門家を近くに置いておくことが非常に大切でしょう。それは何もこのような勘違いに対処するためだけではなく、あらゆる面で多くのメリットを生み出してくれることは間違いないのです。

借金を繰り返し多重債務になってしまった時に、最初にやることとは?

多重債務者の基準とは?

その言葉の通り、借り入れが複数になればそれはつまり「多重債務」の状態です。本来であれば二か所で借り入れを行っていることでも充分に「多重」ではありますが、二か所での借り入れを仮にギリギリのラインだとしたとしても、三か所で借り入れを行っているようであれば完全な「多重債務者」と言えるでしょう。

自分が「多重債務者かも?」と思い始めているのであれば、「かも?」ではなく完全に多重債務者です。多重債務者の多くは自分が多重債務者であることを認めません。「まだいける」と「いけ」てないのに信じ込み、じわじわと傷口を広げていっているのです。そしてその「じわじわ」は本人すら気付かないほどに少しずつ状況を悪化させているのです。

借金をまとめることを考えだしたら立派な多重債務者

特に今持っている借金をまとめることを考えだしているような状況では確実に多重債務者です。まとめなければいけない状況はつまり、支払い先は増え、毎月の支払い金額も大きくなり、借金がなかなか減らないことからその負担を軽減するためにまとめたいと感じているということです。これはつまり多重債務に陥り少しでも支払いを楽にしたいと考えているということになります。

このような状況のときに考えなければならないのは借金をまとめて月々の負担を軽減すると言うことではありません。必要なのはまず、どのような法的手続きを取るかを考えることです。その金額が大きければ自己破産と言う選択肢になりますが、多くの場合にはそこまでの思い切った手続きは必要ないでしょう。任意整理、個人再生などを利用すれば充分に借金が軽減され経済状態が好転する可能性はあります。

「まだ大丈夫」の落とし穴

まだ大丈夫なのに法的手続きを行わなくてもいいのではないかと考える人もいることは事実です。しかしそのような人に限って自分の借金の総額も、そのために支払っている年間の利息も、把握していないことがほとんどでしょう。毎月の支払いの金額の中でおそらく半分近くが利息として毎月消えているという事実すら把握していない可能性が高いのです。

多重債務者かも?と思ったら多重債務者!

多重債務者かもしれないと思った時点では既に多重債務者です。そして多重債務者の中でももう既に自分では処理できなくなっている多重債務者であると考えたほうが良いでしょう。これを読んでいて自分が多重債務者かもと思っているのであれば、もう既にあなたは多重債務者です。あとはそれを認めて借金の無い新たな生活を望むのか、それともここから更に多重債務者の地獄に浸かっていくのかを自分自身で選ぶのみなのです。

なにが「大丈夫」なのか説明できますか?

ここまで言っても多重債務者の多くは「まだ大丈夫」と思いがちです。借金を法的手続きによって処理しないことで何か大きなメリットがあるのでしょうか。どれだけ考えても処理をできるだけ早めに行ったほうが良いということは間違いないでしょう。新たな一歩を数年前に踏み出した同じ多重債務者の中には、既に借金の無い生活を送っている人も多数存在するのです。

繰り返しになりますが、まとめなければ支払いが苦しくなっているような借金を持っているのであれば、それはもう既に立派な多重債務者です。借りる量が増えて支払いが苦しくなり、また借りる。この負のスパイラルをどこで断ち切るか決めるのは、自分です。

フリーローンでお金を借りる前に確認しなければならないこととは?

申し込むだけで良いフリーローン

お金を借りようと思った時にフリーローンは消費者の強い味方です。保証人を用意する必要も無く、担保を用意する必要もありません。申込書に必要事項を記入すれば保証は借り入れ先が独自の保証会社を用意してくれることになり、申込者はまさに申し込むだけと言う簡便さが何よりも魅力的です。

本来、大きなお金を借り入れる時には担保や保証人が必要になります。しかしこの担保や保証人を利用者が用意する必要がないという気軽さは大変大きな魅力です。しかも借り入れの限度額も審査の結果によっては数百万円と言う単位で借り入れができることもあります。最終的に借り入れができないという判断をされることもありますが、それでも担保や保証人がないということは利用者のハードルを大きく下げることに繋がっています。

借りたことで信用情報は低下することになる

しかしこのフリーローン、借り入れを行う前にはいくつかの注意点があります。まず、担保や保証人のある借り入れに対して個人の信用情報が、借入金額に対応して大きく落ちると言うことです。もちろん返済が滞りなく行われていればブラックなどの最悪の状況になることはありません。では、借り入れを行うだけで信用力が落ちるとはどのような状況なのでしょうか。

信用情報の仕組みとは

まず、個人の信用情報機関には個人の借り入れの状況がデータとして残ります。この情報は住宅ローンなどの有担保のものとそれ以外のフリーローンなどに分かれます。フリーローンの借り入れの情報は貸金業法で定められている「年収の三分の一」を上限とした借り入れの一部として計算されるのです。

つまり、フリーローン上限が決められており、借りれば借りるだけフリーローンで借りることのできる残りの「枠」は減少していくということになります。このことから考えると年収の三分の一を上限として借りれば借りるだけ信用情報は低下すると考えることができるのです。

年収三分の一の貸付枠が100万円だったとしましょう。フリーローンなどの借り入れが全くなければその人の借り入れできる金額は100万円です。しかし既に50万円の借り入れを行っているようであれば、当然ながらその人は残り50万円しか借りることができないということになります。

どちらが信用力が高いか考えてみよう

今まで全くフリーローンでお金を借りていない、限度額の余裕が100万円ある人と、既にフリーローンでお金を借りていて限度額の余裕が50万円しかない人のどちらがお金を借りるための信用が高いかと言うことを考えてみると、お金を借りたことで信用情報が低下するということが理解しやすいのではないでしょうか。

使い方を間違わなければ強い味方になる!

もちろん、お金を借りる必要があるようなときにこのフリーローンは非常に心強い味方になります。しかし過剰に利用してしまえばその先には多くの貸金業者から借り入れを行っている多重債務の状況になり、支払いが滞った暁には法的に借金を整理する必要が生じることもあるのです。

実際にそのお金が借りてでも必要なものなのか、借りずに支払いを行うことはできないのか、更には借り入れを行わなければならない生活そのものに問題はないのか、返済の予定までも具体的にしっかりと考えて借り入れを行うことが重要になってくることは間違いないのです。

年金受給者でも簡単にお金を借りる方法があるって本当?

歳を重ねると年金受給が始まる

歳を取って仕事をすることが難しくなれば、最終的には年金を受け取って生活すると言うことになります。この年金を受給しているような状況で急にまとまったお金が必要になった時にはどうしたらいいのでしょう?特に大きな病気などにかかってしまい、民間の保険に加入していなければ、それなりの金額が必要になると言うことも少なくないでしょう。

年金を担保にお金を借りる方法

そのような年金生活でまとまったお金が必要になるような状況が発生した場合には、カードローンなどの借り入れを検討することもあるかもしれません。しかし、年齢も高すぎるとカードローンの申込みすらできないことがあります。このような時に使えるのが「年金担保融資」と言う制度です。

これはその名前の通り、これからもらう年金を担保にしてお金を借りると言う方法です。本来であれば民間の企業では年金を担保にお金を貸し付けることはできないように定められています。しかしこの年金担保融資の制度だけは唯一、年金を担保にお金を貸すことができるようになっています。返済についても一度年金の全額が返済側に送金され、返済額を徴収した残りを年金受取者の口座に送金すると言う流れを踏みますので、年金受給者が忘れていて支払いが滞るようなこともありません。

これから利用者が増える可能性も高い

一定の条件によって金額には違いがあるものの、年金受給の高齢者でもお金を借りることのできる数少ない方法の一つとしてこの年金担保融資は非常に有意義なシステムであると言えます。どうしてもお金が必要な高齢者の味方であり、これからの高齢化社会の中ではより一層利用者の幅も広がってくるであろうことに間違いはありません。

年齢制限に引っかからないのであれば

このほかにも年齢が制限年齢にかからないようであれば消費者金融や銀行からでも借り入れができることがあります。また、何か資金の使途がはっきりしているのであれば、その資金を現金として受け取るのではなく、支払いに回すために口座などに振り込んでもらうこともできます。年金受給者だからと借金ができないと言うことはなく、むしろ年金受給者しか申し込めないような借金も存在しています。

まずはその種類を知る

これらの様々な借り入れに関して情報を得るためには、まずは近くの役所に行って確認することをお勧めします。都道府県などが中心となって提供しているものであれば全国的に大きな差も無く手続きを進めることができる場合もあります。また市区町村が提供している物についてはより利用者のニーズに合わせ、返済期間も金額にも余裕を持って返済できるような規模は小さいながらも小回りのきく貸し付けを行っているところを紹介してもらうこともできます。

人から借りると言う方法

他にも家族や親せきに借りると言う方法もあるでしょう。既に契約している個人で申し込んだ年金がそろそろ使えるかもしれません。しかしどのような契約を取ってみても、年金受給しか収入が無いという状態は決してお金を借りやすいステータスではありません。できるだけ確実にお金を借りる必要があるのであればやはり最も使いやすいのは民間の物ではなく、限りなく公的に近い方法を中心に、いくつかの借り入れができるかもしれないところに主眼をおいてまずは多くの申込みをしてみることも重要なポイントと言えるのです。

借金の限度額をできるだけ大きくするためにできることとは?

どんな借金でも限度額は大きいに越したことはない!

借金はできるだけしたくない!そう思っている人でももし仮に借金をするのであればできるだけ大きな金額を借り入れたいですよね?新たに借金を申込もうとしている消費者にとって、限度額はできるだけ大きいに越したことはありません。しかしただ単純に「大きくならないかな~」と思っているだけで借り入れの限度額が大きくなることはありません。

借金の限度額を増やす手続きをしたい、もしくは新規の申し込みでできるだけ大きな限度額を設定したい、そんな思いを達成するためにはいくつかの重要なポイントがあります。ただ願っているだけではもちろん増額が成功することも、新規申し込みで思った以上の限度額が提示されることもありません。

実際の限度額の一例

では、限度額を最大限に大きくするためにはどのような方法があるのでしょう。まず基本的なラインとして、世間で言われる「大企業」に勤めていると言うこと、そして年収が大きければ大きいほど限度額は大きく設定されることになります。たとえば日本でも有数の監査法人に勤める公認会計士、年収こそはっきりはしませんが、某銀行のカードローンの上限金額である500万円の限度額を設定してもらったという話です。

できるだけ借り入れ限度額を増やすためのテクニック

そこまで立派な会社に勤めているわけではないとしても、限度額をできるだけ大きくするには年収が影響することには間違いありません。また、年収が大きく影響すると言うことになると、個人で簡単に引き上げることは難しいと考えがちです。しかし、年収を増やすことを中心において考えるのであれば、一年間正規の仕事以外にアルバイトなどでちょっとした金額が加算されるだけでも、貸し付けの限度額は大きくなる可能性があります。

この場合には年末の源泉徴収票は手元に二枚あるはずです。そして二か所以上の勤務先から給料をもらっているのであれば、確定申告の必要が生じます。確定申告を行えばその時の書類がカードローンなどの審査の時の、収入の証明として利用することが可能になるのです。当然この時には年間の収入は一つにまとめられ、年間の収入は正規の給料以上の収入となります。

副業が禁止されている企業もまだまだ多い

ところが、正規に働いている会社の就業規則などに副業禁止規定があるようであればここは注意も必要です。税金の徴収を普通徴収でなく、特別徴収にしていれば、会社で支払う税金が同じ給料の人々と比較して高いということが分かります。一時期の不景気が原因で給料が思うように上がらず、中には副業は禁止だけどもも黙認しているような会社もありますが、まだまだ会社にばれれば何らかのペナルティーの可能性はあります。

会社がこのような何らかのペナルティーを科すスタンスである場合には、税金を特別徴収にすることで副業の存在はバレてしまうと言うことになります。周囲の皆が特別徴収にしている中で自分だけ普通徴収にしていればもちろんそれだけで目立ちますが、支払い金額が分からないことから確定申告に行ってみたかった、興味があったなどの無難な返答で切り抜けることも可能になるのです。

このようなテクニックを利用して収入を増やせば、少なくとも収入を増やさずに審査してもらうよりは確実に借り入れることのできる限度額は大きくなることでしょう。

主婦が特に借入金額を気にすることなく借り入れを行う方法とは?

主婦の借金方法

主婦でもお金が必要にあることはあります。それを貯蓄の中で賄うことができないのであれば、必然的にそのお金は借入を頼ることになるでしょう。しかし、消費者金融などでの借り入れには年収の三分の一と言う制約もあり、もし専業主婦なのであれば配偶者の承諾が必要で簡単に秘密のお小遣いを借り入れることは難しくなっているのが現在の消費者金融での借り入れの状況です。
(⇒今更必要ない?借金のメリットとデメリット

こっそり借金は無理な話?

では、主婦が配偶者に秘密でお金を借りることは不可能なのでしょうか。決してそのようなことはありません。お金が必要なのであれば主婦でも借り入れは可能です。ただし前述の通り消費者金融などの貸金業者からの借り入れは、配偶者の承諾なしにはほぼ不可能であると言えるでしょう。

もちろん、配偶者が記入したと偽った書面を配偶者の源泉徴収票と一緒に提出してお金を借りることはできるかもしれません。しかし、そのようなことをすればもしものときに100%の確率で悪いのは自分になってしまいます。いくらそのお金が生活する上で仕方のないお金であったとしても、書類を偽造してお金を搾取したという事実には変わりないのです。場合によっては詐欺と言うことにもなりかねません。

このような事態を避けるための方法は必ず存在します。いわゆる「抜け道」です。主婦の借り入れの場合にはその抜け道は銀行です。お金の借り入れを銀行で行えば、基本的には「年収の三分の一」や「配偶者の同意が必要」といった突然できた傍若無人な取り決めは考える必要がなくなります。

今は銀行も単独ではない!

しかし、銀行でお金を借りるとしてもその保証に関しては多くの場合信販会社や消費者金融業者など貸金業法に従わなければならない業者です。もちろん、保証に関して細かに主婦に対する規定があるわけではありませんが、銀行で借入を行うとしても主婦という立場で借入ができる金額にはある程度制限がかかると思っておいて良いでしょう。

トラブルが多かったことも一因

この貸金業法の様々なルールは、主婦の中で配偶者に秘密で高額な金額を借り入れ、返済できないほど問題が大きくなってから始めて明るみに出ると言うことも少なくなかったからです。つまり、際限なく借り入れを行い破産しなければならなくなった主婦の数が少なくはなかったということなのです。このようなトラブルを避けるためには配偶者がその借り入れの状況を把握しておくと言うことは大切なことであると考えられた結果の決まりごとなのです。

確かに主婦にはお金が借りにくくなったかもしれません。しかしそれは単純にお金を借りることを制限したというのではなく、夫婦間のコミュニケーションをしっかりと取るように義務付けられたとも言えるかもしれません。夫婦間でお金の話をオープンに行うことができ、夫婦で力を合わせて目標に向かって進んでいくということは、今現在の親族のつながりが薄くなり、核家族が増加しているような状況の中では有効なコミュニケーションの提案と考えることができるかもしれません。
(⇒主婦だけではない!単身赴任のお父さんにも借金の魔の手が…

カードローンを利用して投資を行う方法とその注意点とは?

借金で投資を行うことでのメリット

投資に対するリターンが借入の時の支払い利息を上回るような金融商品があれば、借金をしてでも投資を行いたいと思うこともあるかもしれません。当然、結果的にはプラスになり、損はしないどころか確実に儲かるということがあらかじめ分かっていれば、誰もが借金をして投資を行うことでしょう。現在の世の中でも確かにこのような方法で一発逆転を狙っている人も存在します。

借金で投資を行うことのメリットは、儲かればなにも無いところからお金を発生させるという錬金術が可能であるということです。100万円の資金を借りて一年間に20万円の利息を支払うとしても、その100万円を使って20万円を上回る利益を確保することができれば全く問題は無いわけです。そんな投資方法が見つかれば、自分のお金を使うことなく利益を生み出すことが可能なのです。

日本国内での投資で成功することは難しい

しかし、日本国内で投資することのできる金融商品ではこのようなリターンは望めません。もしも仮にこの借金による投資を実行しようと思うのであれば、その投資先はほとんどの場合日本円で取引を行うものではないでしょう。たとえば海外に口座を作り、そこで投資を行うなどの国境を越えた金融商品への投資が必ず必要になります。

確かに「儲かる」と言っている商品は存在するが…

国境を越えることなく国内で借金の金利を上回るような利益を出すことのできる金融商品は皆無と言っても過言ではありません。確かに一部の金融商品には国内でも数十パーセントという利益を出せるようなことを前面に打ち出して販売しているものもあります。しかしこれらの商品は確実にと言う割にはリスクも大きく、必ずしもプラスになるとは限りません。

やはり視点は海外へ!

しかし、世界に目を向けると事情は変わってきます。地域によっては今土地を買っていれば10年後には数倍の価値になると言うような地域も存在するのです。もちろん、日本のように高額な土地ではありません。数百万円で購入した土地が倍になりそうな地域は世界中を探してみればゴロゴロと転がっているとも言えるでしょう。

海外にはチャンスが転がっている

海外で土地を購入する、海外で口座を開設する、海外で金融商品を購入するとなると、それなりの語学力、そしてサバイバルできるような能力が必要になることもあるでしょう。それでもやはり現在日本の国内である程度のお金を手にした人の中には海外にその生活拠点を移そうとしている人も多く存在します。

風習などの「お国柄」には要注意

注意しなくてはいけないのはやはり日本とは違う風習、文化が存在すると言うことをしっかりと知っておくことです。日本国内と同じ感覚で海外でも過ごせるという地域はそれほど多くはありません。地域によってはまだまだ日本人は金を持っていると勘違いされ、誘拐などの犯罪の標的にあることも少なくはないのです。

しかし、ある程度のリスクが存在するとしても借金をして海外で投資を行うことには少なからずメリットが存在すると言えます。借金で投資をするということを推奨しているサイトも多く存在しますが、その利益を最大限に大きくしようと思うのであれば、日本国内ではなく海外に目を向けることは非常に大切になってくるでしょう。逆に日本国内で借金で投資を行うと言うことは非常にリスクが大きいということは忘れてはいけない事実なのです。

1 2 3 4 5 >